お祭り

雀ノ森氷川神社・お焚き上げ【新宿町一丁目】

本日ちょいと情報を得て、川越駅を降りたら真っ直ぐ帰らず、いつもの東口とは反対の西口に出て、新宿町一丁目にある雀ノ森氷川神社に行ってきました。

Nec_00261_2

昔の埼玉県立川越図書館の南側にあります。

小学生だった頃、地元のボーイスカウト(小学生はカブスカウト)に入っていたのですが、月末の隊集会でここの集会所を使わせて頂いておりました。この神社の横はよく通るのですが、境内の中に入るのは小学生の時以来の30年ぶりくらいです。

流石に集会所は(恐らく拝殿も)何年か前に建て替えられて新しい建物になっておりましたが。

Nec_00271_2

その目的は、「お焚き上げ」でありました。

??

行ったのは雀ノ森「氷川神社」、でもお焚き上げの看板に書いてあるのは雀ノ森「浅間神社」。

主たる社殿・拝殿が氷川神社で、よくある境内社が浅間神社なのでありましょう。

しかしすぐそばの富士見町に浅間神社があって、こちらには旧川越藩の領地と思われる地区の方々が奉納されたと思われる石碑等がありますので、川越周辺での富士講の主体はこちらかなと思っていたのですが。

富士見町の浅間神社のお祭り(7月13日の初山)に比べると少ないですが、出店もありました。

Nec_00281_2

雀ノ森氷川神社は、境内の東側から入り、境内の西側に社殿・拝殿があるのですが、その境内入口の鳥居の北側、境内の北東の角にちょっとした岩山があります。

これが富士山をあらわしているようです。

私が川越駅に着いたのが19時54分の東上線急行だったため、雀ノ森に到着したときには丁度神事がスタートしており、新宿町の各丁目の代表の方が富士講の白装束を身にまとい、この岩山に登り、祈祷をされておりました。

Nec_00191

その後、一旦山を降り、氷川神社社殿の横に仮に設置された浅間神社の前に座り、社殿に向かって祈祷。

Nec_00031

神社で祈祷をしたら、境内の真ん中に用意された薪の山の周りを取り囲み、これに火をつけ、「町内安全」等々書かれた紙を、「新宿町○丁目町内安全!!」というような掛け声とともにこの火の中に入れ、願掛けをされました。

子どもの頃からよく知っていた神社でありますが、こういった神事があったとは初めて知りました。

旧市街とはいっても外れの仙波小学区でもこういった神事がいくつもあるわけですから、川越市全体だと相当な数ありそうですね。

川越祭りのような巨大なお祭りではないにしても、それぞれのお祭りは地元に根付いているものでありますので、色々な人に知ってもらって、そして集まってもらえるようになると、旧市街だけでなく川越全体での盛り上がりにつながるような気もしますが。

そんな小さなお祭りでも、私が見る機会があったらここにアップしていきたいと思います。

より大きな地図で 小江戸かわごえみどころマップ を表示

| | コメント (3) | トラックバック (0)

喜多院初大師とだるま市2010【小仙波町一丁目】

2010年となりました。

昨年は、PCが壊れたり、やっと直せたと思ったら、写真ファイルを全て保存していた外付HDDが壊れてしまったり、と、泣けてくることばかりで、このBlogをほとんど更新せぬまま終わってしまいました・・・。

(どなたか、リーズナブルな価格でデータ復旧をやってくださる業者さんをご存じないですか??)

今年はどんな年になるやら。

例年お正月は、0時と同時に地元の仙波氷川神社でお参りをし、ひと眠りしたところで午前中に川越八幡神社にお参りします。

が、大みそかに飲みすぎて爆睡し、仙波氷川神社には行けませんでした・・・。

と、2010年初めからどたばたしておりましたが、本日1月3日は毎年の喜多院だるま市に行ってまいりました。

周辺道路は朝から混雑しておりましたが、我が家は今年は夕方のだるま市であったことから、参拝客もだいぶ少なくなっていましたし、だるまもかなり売れていました。

20101 まずは昨年買っただるまを納め所に納め、

20102 山門を入ってすぐ右手の、毎年購入している、「今井だるま」さんで、いつものサイズのだるまを購入です。

写真だと見にくいですが、真ん中やや右の、肩のあたりにライトがきていてマスクをしているおじさんからいつも買ってます。

最初1500円と言われただるまを1000円にして頂きました。

今年こそいいことがたくさんあるといいですね。

Blogの更新も頑張ろう。ほんときまぐれになってしまった・・・。(反省)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喜多院の初大師とだるま市【小仙波町一丁目】

もう間もなく年が明けて、2009年を迎えます。

皆さんは、初詣はどちらに行かれますか??

我が家は、1月1日0時とともに、近所の仙波氷川神社にお参りし、一眠りした後、お昼前ぐらいに南通町にある川越市総鎮守の川越八幡宮にお参りします。

ホームページを見ると、宮下町の川越氷川神社も川越総鎮守というくだりがあるのですが、どっちが本当の総鎮守なんでしょ??

祀っている神様が違うだろうから、両方とも、ということでしょうか。

以前は、元日に限りお守りが頂けるというので初雁公園の三芳野神社やその近くで川越城富士見櫓跡の御嶽神社、鐘をつける中院や連繋寺、等々にも行ったりしていました。

ある程度の寺社になるといろいろな催し物をやって、参拝者を集めてますね。

1月2日はゆったりした後、1月3日には、喜多院に行きます。

1 この日喜多院では、縁日の初大師で、境内ではだるま市が開かれています。

写真は、昨年の、しかもだるまを売っているところではなく、その前の年のだるまを納めるところですけど・・・。

両目が入れられ、納められただるまもたくさんありますが、境内には関東各地からだるまの業者さんが集まり、だるまを売っています。

だるまも、地域・業者さんによって、顔が違いますし、大きさもいろいろです。

我が家はいつも山門内側に陣取っている、群馬は高崎・少林山の、今井だるまのだるまの顔がしっくりくるのでこれを買っています。

皆さんもいろいろなお店を回って、お好みのだるまを選んでみてください。

その昔は、2月にも月遅れというか旧暦のだるま市があったと記憶しているのですが・・・。

今は1月3日ですので、お間違いなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の川越まつりで歴史的なことが【仙波町四丁目】

昨日、今年は川越まつりが360年記念という内容をアップしましたが、毎回色々なことがあるようで。

川越まつりは宮下町にある氷川神社の例大祭ですから、旧市街地で山車が曳きまわされます。

昨今旧市街地にない町内も山車を建造するようになりましたが、自分の町内を曳きまわし、加えて旧市街地に繰り出す、というのが一般的です。

1 ところが今年はなんと、旧市街地・仲町の、しかも埼玉県指定文化財になっている羅陵王の山車が、旧市街地を抜け出し

、仙波町四丁目にある仙波氷川神社まで曳きまわされました!!

その場にカメラを持ち合わせてなく、あとで追いかけたため、写真は県立川越工業高校の裏通りで西小仙波町一丁目・二丁目の境目にある交差点でありますが。

このあたりで見られる曳っかわせと言えば、隣合わせの町の仙波町と菅原町の山車が出会ったときくらいしかないのですが、今年は仙波町の山車が出ていないところで、しかも仙波氷川神社の前で2台の山車がお囃子を奏であうのは珍しい光景でした。

川越まつり大好き人間は市内のいたるところにいるはず。

仲町に限らず、他の旧市街の山車も市内各地まで曳きまわされるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川越まつり360年記念

今日10月18日と明日19日は川越まつりです。

川越市のホームページによると、1648年(慶安元年)、時の川越城主・松平信綱公が氷川神社に祭礼用具を寄進して祭礼を奨励したのが始まりだとか。

今年はそれから360年となる記念の年です。

今日は14:30に、そして明日は14:00に、元町一丁目の市役所前に山車が勢ぞろいします。

今年参加する山車は全部で15台となっていますが。

これはあくまで、旧市街地に集まる山車の数です。

お祭りに山車を出すこと自体大変な費用がかかるのですが、旧市街地から離れた町内だと旧市街地まで持っていくのも一苦労です。

我が家の近辺だと、菅原町・脇田町・南通町・仙波町・岸町二丁目といったところが山車を保有していますが、市の広報誌に記載されているところだと今年は菅原町だけが参加となっています。

私の小学校の頃からの友人、自宅が脇田町で自営の会社が菅原町にあって、菅原町が山車を出すときは菅原町で参加、脇田町が山車を出すときは脇田町で参加、というのがいます。

実にうらやましい・・・。

ウチの町内も、昨今マンションがいっぱい建って人口がかなり増えたのだから、寄付を集めて山車を作って下さい!!町内会長様!!

DIYセンターで買ってきた小さな車輪をつけただけの小さなお神輿を曳きまわすだけでは、子供達もさびしいみたいです・・・。

それはともかく、話を戻して。

では、旧市街ではないところで山車を出さない町内、ここはどうしているかと言うと、我が家から見える仙波町の山車は、旧村社の仙波氷川神社の境内に山車蔵がありますが、山車蔵から出して、境内でお囃子をやっています。

岸町二丁目は、町内だけを曳きまわしていました。

ま、岸町二丁目や仙波町の場合、旧市街に繰り出す場合でも、初日の土曜日の昼間は町内を曳きまわし、夜から翌日の日曜日に旧市街に持っていくというパターンが多いですね。

1 さっき、車で旭町・新宿町近辺を走行していたら、旭町三丁目の山車が、丁度一旦町内を曳きまわし終えたようで、ビックA南側の広場に留められていました。

旭町三丁目の山車、やはり今回は旧市街に持っていかないようですが、旧市街に持っていこうとすると、東武東上線の川越駅と川越市駅の間にある西武線を越えるための鉄橋が道路上にあるため、上の鉾とかが普通の山車よりかなり下まで下がるようにできているそうです。

住宅街の山車ともあって、装飾等もいたってシンプルです。

だから、ウチの町内も、連雀町のような大きくて立派な山車とは申しませんが、こういう山車でよいので、是非・・・。

さておき、この旭町三丁目の山車、人形は、360年前に川越まつりを始めるきっかけを作った川越城主・松平信綱公であります。

人形が人形なので、こういったタイミングなら、旧市街地に持っていってほしかったところですが、いろいろ町内のご事情もおありでしょう。

このほかにも、今年は見られませんでしたが、砂新田も古い古い型式の山車を保有しており、隔年とかで町内を曳きまわしたり、過去には久保町等に貸し出していたりもしたようです。

今日明日で旧市街に繰り出せば、著名な山車が一堂に会しているところを見ることができますが、歩きだと難しいですけども旧市街の周辺の町をぐるっと回ると旧市街に参加しない山車も見ることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつでも山車が見られる山車蔵【西小仙波町一丁目】

前回紹介した建造中の菅原町の山車蔵ですが、山車を所有する町内としては山車蔵も悲願でありましょう。

(ウチの町内は山車もないからなぁ・・・。)

山車はあるけど山車蔵がないのは、川越駅周辺だと南通町ぐらいでしょうか。

新富町二丁目の山車蔵が、八幡神社の境内で丸広裏通りの八幡通り沿いにあります。

でもこの位置、南通町なんですよねぇ。

南通町が山車蔵を作ることになったら何処にするのでしょう。

昨年、南通町の山車が一部改修された際にお披露目を八幡神社で行いましたから、もし山車蔵を作るとしたら八幡神社境内になるのかなぁ思ったりもするのですが、川越街道寄りとかにして、新富町二丁目と分けるんですかね。

ま、将来が楽しみです。

そんな心配のないのがかなり昔から山車・山車蔵を持っている町内です。

本川越駅の北端に、中央通り(バス通り)と交差して東に向かう、少し広めの道があります。

この道、川越街道との交差を越えたところから細くなるのですが、さらに喜多院のほうに向かっていきます。

川越街道との交差点の次の信号を50mくらい越えたところに信号のない小さな交差点があり、この角に、いかにも、という造りの建物があります。

西小仙波町の山車蔵です。

1

山車蔵自体は比較的新しい建物ですが、中に納められている西小仙波町の山車は、昭和32年に製作され、ご神体には素戔嗚尊を擁し、「川越市登録歴史文化伝承山車」にもなっています。

2

山車蔵の横(通りとは反対側の北側)には小さな窓が設けられています。

2枚目の写真では光の反射で見にくくなってしまっていますが、この窓から、中でライトアップされた西小仙波町の山車を見ることができます。

喜多院、特にどろぼう橋を渡って南に100mぐらいのところですから、本川越駅から喜多院に向かう途中とか喜多院からの帰りに立ち寄ってみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山車蔵建設中【菅原町】

菅原町の川越街道沿いに、妙善寺の駐車場があります。

妙善寺は川越七福神の第1番ということもあって、訪れるかたのために用意している駐車場なのでしょうが、この一角で工事が始まりました。

最初はなんだかわからなかったのですが、数日前に鉄骨が組み上げられたところで、形から山車蔵と想像できそうです。

連雀町や西小仙波町の山車蔵とかは、蔵の横に窓があって、いつでも山車が見られるようになっていますが、ここ菅原町の山車蔵はどうなるでしょうか。

妙善寺の敷地で観光客もよく通るところですから、いつでも山車が覗ける蔵だといいですね。

1

2

3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度の土日は川越まつり・旧市街だけではありません!!

今度の土日(10月20日~21日)は待ちに待った川越まつりですね。

今年は16台の山車が参加するようです。

比較的多いほうではないでしょうか。

川越市のホームページには29台の山車が掲載されていますが、私が小学生の頃から比べると数も増えましたし、形が変わった山車もあります。

前者だと野田五町・新富町・菅原町・南通町とかは無かった気がしますし、後者だと中原町の人形は河越太郎でなく月鉾・松江町一丁目は屋台だったり、と。

まぁでも、山車がある/新しく作れた町内はいいですね。

私が今住んでいる町は山車無しなので、20日に子供神輿が数時間町内を周るくらいです。

子供に話を聞くと、やっぱり自分の町内の山車を曳きたい、と思うそうです。

昔は山車を曳けるのは山車を持つ町内の特権みたいな感じになってましたけど、川越市では山車無し町内に住む子ども達のために川越市で所有している猩々の山車を曳かせてくれるということをやっていたりしますし、また山車を持っている町内では曳き手となる子供が少ないので山車無し町内と連携して一定時間を山車無し町内の子ども達に曳かせてあげたりしてるみたいです。

かくある私は。

山車無し町内に住んでいるのですが、小学生の頃は毎年連雀町の山車を曳いてました。

連雀町に住む子たちから、なんでよそのやつが曳いてるんだよぉ、と嫌味を言われたりもしましたが。

母の実家が(今は境界変更で松江町一丁目になっていますが)旧連雀町だったところにあり、連雀町に山車が無かった頃に、恐らく町内会の役員さんが集まって連雀町にも山車を作ろうよという話になった時にちょうど私の祖父もそれに参加していて、山車を作る発起人みたいなものの一員になっていた、ということもあったから、でした。

そんなこともあり、今でも連雀町の山車とお囃子が一番大好きです。

このまま今住んでいる町内に山車が無いようだったら、老後は連雀町に住んで、なんてことも考えてます。

さてさて、その山車を作って保有することもお金がかかって大変ですが、毎年お祭りに参加することのもやはりお金がかかりますので大変です。

今はほとんど山車も組み立てたままで山車蔵に収めている感じもしますが、組み立てるにも、動かすにあたっても電線にひっかからないようにコントロールする鳶の方をお願いしなければいけませんし、人件費を含めて大変です。

そんなこともあって、今年は16台にとどまっているのでしょう。

(市制施行●周年というときにはほとんど参加してますが。)

山車を出さない場合には、古くからある囃子連とかは中央通りとかの空きスペースを借りて櫓を組んで居囃子をやってますね。

目立つところだと、大手町が山車を出さない時には幸町の市営(?)駐車場の横に、松江町二丁目の浦島囃子連は佐久間旅館の裏に櫓を組んでやってました。

このあたりとか中央通りとかであれば車両通行止めで人通りも多いので立ち止まって見てくれる人も多いでしょう。

今年は菅原町が山車を出しません。

川越市のホームページの山車一覧には、菅原町の山車には足踊りで有名な南田島囃子連がお囃子を担当していることになっています。

ところが夜に菅原町の自治会館の近くを通ると一生懸命お囃子の練習をしているのが聞こえます。

もともとは、山車は市内の町内で持ち、お囃子は周辺の村の囃子連にお願いする、というのがパターンだったようです。

連雀町も最初は周辺の寺尾とかの囃子連にお願いしていたのですが、お願いしていたところが後継者不足で囃子連を続けられなくなったということもあって町内で雀会という囃子連を作っていくことになったそうです。

菅原町の場合は連携している囃子連が続けられないという事態には陥っていませんが、山車を持つだけではなくお囃子も自分たちで、ということで頑張っているのでしょう。

(菅原町は元は大仙波新田の一部で、大仙波には大仙波囃子連というのがあったのですが、大仙波新田の主流は仙波町だったこともあって大仙波囃子連は仙波囃子保存会に引き継がれて仙波町の山車に乗っていますから、そこに負けない!!という思いもあったかもしれません。)

ただそういうわけで今年は菅原町は山車を出さないのですが、代わりに櫓を組んでいました。

一昨年(?)も同じだったので、今年もこの櫓で居囃子をやると思われます。(写真参照。)

場所は、川越街道に面した、菅原町の自治会館のある菅原神社の入口です。

川越街道に面しているとは言え、ここは車両進入禁止になっていないところですし、お祭りの中心となる旧市街からも離れたところですので・・・。

お祭りなので七福神めぐりをする人も少ないとは思うのですが、もし、やっぱり川越まつりは夜のひっかわせだよねぇ、それまで街をぶらぶらしよう、という人がいましたら、七福神一番目の妙善寺のすぐ東側ですので、見に来てみて下さい。

他の囃子連もそうですが、ここ菅原町の囃子連でも子供囃子もあり、町内の子ども達も一生懸命練習してますから。

ということで、「メイン」と言われる旧市街でない、こんなところでも川越まつりはやってます!!

1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南古谷かかし祭り【並木】

Photo アップロードに失敗していたようなので、改めて。

先日南古谷地区に行ってきました。

東のJR東日本川越車両センター、西の川越税務署、北の東中学校、南の南古谷病院・川越高等専門技術校に囲まれる田んぼの中に、「南古谷かかし祭り」という看板が立っていました。

川越市内だと、山田地区のかかし祭りが、地元自治会がイベントを開催したりするので川越市の広報誌にも取り上げられたりして有名になっていますね。

時期的なものもあるのかもしれませんが、今のところここ南古谷かかし祭りは、田んぼの中に16体ほどのかかしが飾られているだけでした。

かかしをよく見ると、「○年○組」という名札が掛かっていましたので、近所の東中学校や南古谷小学校の子供たちが一生懸命制作したようです。

ここ南古谷地区や山田地区以外の他の地区でもかかし祭りはやっているのでしょうか。

田んぼは川越市の東部から北部にかけて多いので、その他の地区でやるとなると古谷地区や芳野地区あたりになるでしょうか。

各地区ごとにかかし祭りを開いて、地区の祭りを勝ち抜いたかかしが川越市の大会に出場して競い合う、というのも将来できると面白いかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は富士浅間神社の初山でした【富士見町】

昨日7月13日(金)は、富士見町の富士浅間神社の初山でした。

昼間は出かけていたので、夕方行ってきました。

平日だったせいか、それとも雨を見越してか、露天商の数が昨年に比べて少なかったような。

例年だと、仙波小学校から浅間神社までの道は両脇にずらっと並んでいたような気もするのですが、仙波小学校に近いところではだいぶ空きが多かった感じです。

我が家ではこの日はいつも晩ごはんが露店で買ってくるお好み焼き・たこ焼き・焼きそばなどなどになります。

それもお祭りならではかなと思いますが。

で、おかずのお好み焼き、しかも大阪風を買おうとしたのですが、露店の少なさのせいかわかりませんが、今年は広島風が目立っていました。

あと、買いはしませんでしたが、今話題(??)の佐世保バーガーのお店もありましたね。

露店も幅が広がってます。

しかし、いろんな人もいるもんで、よそ様の敷地に入って玄関の前に座って飲食している人も・・・。通り沿いに住んでいる人は大変です。

参拝者はいつも通りなんでしょうか、行列は社殿の階段下から西の鳥居の先まで並んでました。

ただ、最近は遠くから来る人が増えたのでしょうか、仙波小学校のフェンス沿いには自転車がいっぱい、車も富士見町交差点から川越胃腸病院前交差点の間や仙波氷川神社へ向かう道にも路上駐車の車がいっぱいでした。(きっと川越街道も)

駅からそんなに遠くないところなので、駅近辺の駐車場に停めて歩いていけるのですが。

境内には櫓が組まれ、仙波囃子連の方々がお囃子を演じてました。

私が行った時には、三久保町の囃子連の方々が演じてましたけど、川越の富士講のお祭りなのであちらこちらから応援に来てくれてるのでしょう。

ちなみに、母塚・富士浅間神社のそばには父塚・愛宕神社がありますが、こちらは再来週の7月24日(火)がお祭りです。(露店もなければ参拝者もあまりありませんが。)

私は生まれた時から仙波小学校近くに住んでいるいるので初山をはじめとしてこの近所のお祭りは知っていましたが、川越も元はいろいろな村が合併してできた街で、元の村々にたくさんの神社やお寺がありますから、きっとさまざまなお祭りがあることでしょう。そういうのももっとたくさん知りたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)