お店

八幡通り【脇田町・南通町・通町・新富町一丁目・新富町二丁目・松江町一丁目】

ちょっと前になります。

ゴールデンウィークの直前に、特に予定もなかったのですが、お休みが取れたので、雨の降る中、川越の街中をぶらぶらと散歩をしてきました。

一番じっくり歩いたのが丸広の裏通りである八幡通りです。

普段ここを通るとしても、自転車でさーっと通り過ぎてしまう程度ではあったのですが。

1  正確にはどこが起点かはよくわかりませんが、この日はアトランタビルの前からスタートです。

通りの入口には、ポケットパークがあります。

ここは、その昔には、駄菓子屋さんがあったのですが。

小さないすも置かれており、歩き疲れた時に、ちょっとした休憩ができます。

2 北に向かっていくと、最初に気になったのが、通りの右側にある「VANITOY BAGEL」です。

今、市内で評判のベーグル屋さんです。

本店は幸町にあって、そちらではカフェも併設してますが、ここはTAKE OUT専門です。

元々は、ダ・カーポというレコード屋さんがあった場所です。

3 さらに進んでいくと、毎度おなじみ、八幡通りの名前の由来にもなっている、川越八幡宮があります。

4月も下旬となっていたので、以前宮司様からお教え頂いた桜も既に散っておりましたが、新緑の葉が青々としてきれいでした。

これから、子ども相撲であったり、茅の輪くぐりなどの祭事が行われていきます。

4 川越八幡宮参道の前には、陸王商店というお店があります。

この日は、時間が早かったのか、それともお休みの日なのか、営業はしていませんでした。

昔からやっておられる古物商で、様々な古いものを売ってます。

5 さらに進むと、有名な「ひびき」があります。

東松山名物のやきとり(やきとりといいつつ、豚のかしら肉と辛味噌だれのやきとん)のお店です。

土日の夕方とかは、行列していることもあります。

6_2 そのお隣に、小さなお菓子のお店がオープンしてました。

「野里」というお店です。

焼き菓子の専門のようですね。

母の日に向けての陳列になっていましたが、おいしそうです。

7

そして、丸広の前にくると、黄色い建物が。

珈琲工房楽です。

ここも昔はレコード屋さんだったのですが。

喫茶店ではなく、世界から取り寄せたコーヒーの生豆をお客の好みに合わせて焙煎してくれる、コーヒー豆を売っているお店です。

8 丸広を過ぎると、マンションの一角に、島崎藤村ゆかりの地の碑があります。

島崎藤村の奥さんであった加藤静子という方の実家があった場所です。

9 本川越駅から東へ向かう東照宮中院通りを渡ると、鑑山酒造跡地の裏口前にあるのが関口人形店です。

埼玉で人形というと岩槻や鴻巣が有名ですが、川越にも数件あり、ここはその一つです。

丁度このころは、5月5日の子どもの日に向けて五月人形を取り扱っていました。

10 通りの終点にあるのが、木下製餡所です。

前に三久保町の製餡所を紹介しましたが、こちらでもあんこの製造直売をしてます。

さすが和菓子店の多い川越、和菓子に必要なあんこを作っている工場も多いです。

11 そして最後に通りの突き当たり、正面に大きなイチョウの木が2本見えます。

出世稲荷です。

2本のイチョウの木が参道を挟むようにたっています。

川越市内で最も大きな木だそうで、市の天然記念物にしていされています。

というところで、八幡通りの旅は終了。

他にもいろいろなお店等があったりしたのですが、また別途。

いつも何気なく通り過ぎてしまうところをゆっくりと見てみるのもよいものでした。

(この日はこれでまだお昼ぐらいだったので、雨のなかさらにぶらぶらと徘徊していたのでした。)

より大きな地図で 小江戸かわごえみどころマップ を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路地裏のおしゃれなパン屋さん・善太郎【松江町一丁目】

パソコンが壊れてここ数ヶ月何も触れずじまいでした・・・。

未だ直せず、別のパソコンからです。

使いづらい・・・。

土曜日(8月15日)午前中に、家に誰もいなかったので、自転車で街中の路地裏をのんびり走ってきました。

その時に発見したものを少しずつご紹介を。

川越街道と並行している裏道というのは何本かあるのですが、川越街道より一本東側で川越工業高校の裏の通りとの間の細い道です。

前からこの道の存在は知っていたのですが、普段は車にしても自転車にしても川越工業高校の裏通りを通ってしまうので、初めて通ってみました。

1_5 人通りもあまりない通りなんですけど、そこで見つけたのがパン屋さん。

お店の入口の横に小さいプレートで「善太郎」と書いてありました。

駐車スペース部分には今日のおすすめの品が書かれている黒板が立てかけられていました。

この日はシフォンとスコーンとそして「禁断のあんぱん」とありました。

あんぱんは13:26の焼き上がりということで、午前中に訪れたためいただくことはできませんでしたが、「禁断」といのがひかれました。

暑いこの時期、アイスクリームも作っているそうです。

ピュアバニラと大人のラムレーズン。

バニラでもピュアとつくところで普通のアイスとは違うんでしょうね。

モノによってはすぐにうりきれてしまうものもあるそうなので、旧市街に行く前に立ち寄ってみてはいかがでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喜多院門前通り【小仙波町三丁目】

1_2 琵琶橋から西に向かうと、喜多院の山門前に至ります。

この通りを「喜多院門前通り」と言います。

2_2 今でこそ賑わいはありませんが、かつては喜多院の門前であるとともに、大宮等へ向かう川越の出口ということもあり、お店が立ち並んでいました。

3_2 この通りの両側のお宅もだいぶ建て替えられていますが、一部にはかつてお店をやっていたであろうとうかがえる建物や蔵が残っています。

4_2 この中で目を引くというか、まだ活躍されていそうなお店が喜多院斉霊殿の東側にあります。

森甚精麦倉庫のお店です。

精「米」でなく、精「麦」です。

麦を専門に取り扱っておられるお店があるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よじ登って体を鍛えよう!!・ロッククラフト川越【脇田町】

先般芳野のほうに行っていろいろ面白いところを見つけたので続けてと思ったのですが、昨日気になるお店を見つけたので、旬なうちに。

たぶん、川越ケーブルテレビの取材かなんかだとは思うのですが、黄色いスタッフジャンパーを着た人がビデオ撮影していたので何かなぁと思ったら、この前までマンションのモデルルームをやっていたところに昨日・4月12日オープンのお店がありました。

クライマーズステーション・ロッククラフト川越というお店です。(一番目の写真参照。)

登山にもいろいろあって、山道を歩くハイキングのようなものもあれば、岩の壁を登っていくロッククライミングなどがあります。

お隣の日高市の日和田山には立派な岩壁があって、日本屈指のクライマーが登りにくることで有名です。

そのロッククライミングを山に行かずとも手軽にできて、スポーツ感覚にしたのがフリークライミングでしょうか。

そのフリークライミングができるところがこのロッククラフト川越です。

ビルの中の倉庫のような広い空間に岩を模した壁を設置し、その壁には手足をひっかけられる突起がつけられています。(二番目の写真参照。)

フリークライミングの練習だとこれまでは浦和か大宮のほうにしかお店がなかったので便利になりました。

場所は、アカシア通り(川越駅から本川越駅方面に向かう東上線と並行したバス通り)の西武線踏切手前の信号の角です。

川越駅・川越市駅・本川越駅からそれぞれ徒歩7、8分くらいです。

(バスだと、脇田町バス停下車すぐです。)

1

2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつでも川越まつり【脇田町】

  先週10月20日(土)~21日(日)は川越まつりでしたね。

いかがでしたか??

特に21日(日)は観光客のかたがたがいつになくたくさん来られてたような気がします。

川越街道の松江町二丁目や大手町あたりも車両通行止めになっていて、お店もあまりないので例年だと人もぱらぱらとしかいないのですが、今年は一番街/中央通りもいっぱいだったのでそこからあふれ出たと思われる人がいっぱいいました。

川越街道でも、前回紹介した菅原町ともなると、車両通行止めにはなってませんし、山車が巡行するところからは離れていますから、混雑もなく、でした。

ということもあって、菅原神社前に組み立てられたやぐらでの居囃子はどうなるかなぁと思ったのですが、菅原町と隣接する仙波町が今年は山車を出していたので、仙波町の山車が街中に出陣する際に菅原町のやぐらの前を通り、ちょっとしたひっかわせとともに、近くに住む菅原町/仙波町のかたがたが集まってその様子を見守っていました。(一番目の写真参照。)

川越まつりというと一番街とかの旧市街地での山車巡行/ひっかわせを思い浮かべますが、それ以外のところでも各町内でさまざまな催し物をやってます。

どちらかというと初日(20日)に、山車無し町内だと子供神輿が町内を練り歩いたりもします。

また、今年参加した山車は16台ということになっていますが、この数字は旧市街に集まってくる山車の数で、離れたところの町内だと旧市街に持っていくのが大変なので町内だけで引き回すということがあります。

車に乗っている時に見かけたので写真を撮ることができませんでしたが、旭町三丁目の山車(松平信綱)が旭町一丁目付近を巡行しているのを見かけました。

この山車は川越市のホームページにも掲載されているので知っていましたが、砂新田の春日神社(高階郵便局の北隣)でこれから曳きまわしをしようとしている山車を見かけました。

「比売ノ神(ヒミノカミ)」という神様の人形でした。

調べると、過去には久保町がこの山車を借りて旧市街で曳きまわしをしたことがあるようです。

21日(日)の市役所前の山車揃えで川越市の山車(猩々)に乗ってお囃子を奏でていた新宿囃子連というのがあるのですが、その新宿町でも小さな三つ車の山車(屋台??)があってそれを曳きまわしたか旧市街の空きスペースに設置していたところを子供のころに見たことがあります。

ともあれ、今年の川越まつりは終わってしまいましたので、また来年までのお楽しみですが、一年中川越まつりをちょっとだけ感じることができる場所があります。

旧市街の川越まつり会館は本物の山車が一定周期で交換はされながらいつも2台展示されていますし、土日とかには市内の囃子連が交代で演奏しています。

川越まつり会館は、王道中の王道なのでガイドブックとかでも有名ですね。

そういう王道ではないのですが、川越の玄関である川越駅で、駅前に「アトレ」というビルがあります。(二番目の写真参照。)

東京のJRの駅によくある「アトレ」と発音記号を使ったロゴとか似ているのですが、こちらの「アトレ」は発音記号の上の点がなく、別物です。

川越駅が建て替えられて久しいですが、橋上駅舎になったために2階部分に入口がある関係で、アトレとはデッキで結ばれているのでアトレの2階にも出入り口があります。

この2階の入り口に、時計があります。(三番目の写真参照。)

これが毎時00分(夜遅くから早朝は除く。)になると、パネルがひっくり返ったりして街中を練り歩く山車やひょっとこがお囃子とともに現れます。(四番目の写真参照。)

ちょうどこの前が、川越駅からのデッキとちょっと段差があるために数段の下り階段となっているので、昼間とかだと近所の小さな子供を連れた家族が階段に座ってこの川越まつりを見物しています。

2

1_2

1_3

2_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウォーターボーイ御用達??・やきそばのみどりや【郭町二丁目】

映画「ウォーターボーイ」の基として一躍有名に埼玉県立川越高等学校、この正門の前の道を南に100m程行った左側に小さなお店があります。

「やきそばのみどりや」です。

西側には川越市立第一小学校もあり、子供たちの多いところです。

昔はどこの学校のそばにも、ノートや鉛筆・消しゴムといったちょっとした文房具とともに駄菓子を売っているお店がありました。

私が通った川越市立仙波小学校(古い世代の方には、第四小学校)も、東門・西門を出た所にそれぞれありましたが、どちらも廃業してしまいました。

この「やきそばのみどりや」は、数少なく残る、子供たちのお店です。

駄菓子もありますが、お店の名の通り、ここのお目当ては焼きそばです。

太麺の焼きそばで、お値段も350円~450円(容器代が10円)と、お手頃です。

放課後の時間帯になると、近所の子ども達が自転車で集まってきています。

1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川越にいながら山形の雰囲気が味わえます・ギャラリーたま【三久保町】

三久保町の、東京電力川越支社・川越中央公民館の裏(東側)あたりは住宅街です。

市内のあちらこちらでよく見るようなところだったのですが、1軒の一見普通っぽい家なんですが、玄関前にすだれがかかり、玄関扉の横には木の看板が掲げられていたので、立ち止まってみました。

「ギャラリーたま」というお店です。(写真参照。)

藍染の小物とかを取り扱っているようです。

近所のお宅の塀に、このギャラリーの紙でできた案内が張ってありました。(写真は撮り忘れちゃいました。)

それによると、オーナーさんは山形の庄内地方(鶴岡市とか酒田市がある、日本海側の地域)のご出身だそうで、お客様には庄内弁でご案内をしてくれるそうです。

近くの成田山で骨董市とかがあると、そこからちょっと足を延ばしてこのギャラリーを訪れる人も多いようです。

川越に来て川越らしさを楽しむのもよいですが、時には他の地域から川越に来て活動されているところを訪れるのも楽しいことでしょう。

1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川越といえば和菓子・和菓子に必要不可欠なあんこを作ってます【三久保町】

川越中央公民館と東京電力川越支社の西側の道を北に向かうと、川越で一番の小学校、第一小学校があります。

第一小学校の南東の角に、気になるお店(工場)がありました。

川越は古い街ですから、庶民は醤油で焼いたお団子をよくよく食していますが、お城に献上してた亀屋を筆頭に、蔵づくり本舗、亀屋栄泉、紋蔵庵、等々、いろいろな和菓子のお店があります。

和菓子に必要な材料といえば、あんこです。

そのあんこを製造している工場がありました。

「前川製餡所」です。

前に何かの本で見たところでは、市内でもあんこを作る工場はもう数件しかないとか。

ここはそのわずかに残る1軒です。

市内にある和菓子屋さんにも卸しているのでしょう。

店先に、おしるこにも・おもちにも・パンにも、という張り紙がありました。

今はやめてしまいましたが、大手町に岩田屋というパン屋があって、夕方から夜にかけてしか営業していないお店だったのですが、そこの名物が、コッペパンにバターを塗ってあんこをはさんだ「あんバタ」でした。

確かに、パンにあんこを塗ってもおいしかったです。

残念ながら私が訪れた日はお休みでしたが、小売りもしているそうなので、お店がやっている日にあたった方はお土産に如何でしょうか??

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙波氷川神社前のお団子屋さん【仙波町二丁目】

Photo 川越の名物というと、さつま芋に関連するものを思い浮かべる方も多いでしょうが、お団子も名物の一つだと思います。

川越のお団子は、スーパーでパックに入っているようなみたらし団子ではなく、醤油だれにつけて焼く焼き団子です。

芋せんべいとかだとご進物用とかいうかんじになっていますが、お団子はどちらかというと庶民の味ですね。

でも、昔はどちらかにごあいさつにお伺いするときとかにもお団子を持って行ったりもしました。

テレビとかだと、「所沢名物」とか言っていることもありますが、同じ入間地区ですから。

川越にも旧市街をうろうろするとお団子屋さんを結構みかけます。

ちょっと離れたここ仙波町二丁目、仙波氷川神社の前にも1件のお団子屋さんがあります。

私が子供の時にはありましたから、少なくとも30年以上はやっているのではないでしょうか。

土曜日とかだと、遠くから買いに来られる方もいらっしゃって、お店の前に2~3台車が止まっていることもあります。

近所の子供たちやお母さんたちも自転車に乗ったり歩いたりして買いに来ています。

そんなこともあり、またそんなにたくさんは作っていないようで、お昼ぐらいには売り切れの札がかかっていることもしばしばです。

1本80円です。

七福神めぐりをすると最初に妙善寺(菅原町)・天然寺(仙波町四丁目)と、旧市街を外れたほうに向ってきますが、さらにもうちょっと遠回りして、ここでお団子を買って、仙波河岸史跡公園の木陰でゆっくりしながらお団子を食べるというのはいかがでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)