公園

萱沼びん沼公園【萱沼】

川越市東部から富士見市にかけて、びん沼川という川が流れています。

元の荒川で、かつての河川改修で荒川は現在の流れとなり、蛇行した旧河川がびん沼川になったと思われます。

流れていると書きはしたものの、上流からの水は現在の荒川のほうに流れていますので、ここは名前のように沼みたいな感じになっています。

このびん沼川周辺は自然がたっぷり残っており、富士見市にはびん沼自然公園という、遊具とかもなく、びん沼の自然を楽しむための広大な公園として整備されているとともに、富士山の見える場所として「関東の富士見百景」にも選ばれています。

そのびん沼川の上流域・川越市域にも公園が整備されていました。

治水橋方面から帰ってくる時によく通る裏道沿いだったのですが、これまで気がつきませんでした・・・。

川越市のホームページによると、5年前の2005年(平成17年)には整備されていたようですね。

1_2 萱沼にあるびん沼川沿いの公園なので、その名もズバリ、「萱沼びん沼公園」です。

大雨の時にはびん沼川からあふれた水を調整する機能も担っているようです。

2_2 遊具等は一切ありません。

川沿いにちょっとしたウッドデッキの歩道と、奥に全体を見渡せる小さな山(上にベンチがあります、)、それと2~3月に張り替えたばかりでまだ入れませんが芝生の広場があります。

3月に来た時にはまだ枯れ草ばかりでしたが、4月になり、暖かくなって、草が青く生えてきていました。

3_2 東のほうに目をやると、広場の真ん中に小屋がありました。

この公園、主にグラウンドゴルフのための場所にされているようで、グラウンドゴルフを楽しむ方のための道具置き場兼休憩場所のようです。

ただ、グラウンドゴルフもいつもやっているわけではないので、空いているときにはサッカー(ボール蹴り)や野球(キャッチボール)とかはできそうです。

ゴルフ・ラジコンといった他の人に危険を及ぼす可能性のあるものは禁止だそうですが。

駐車場も、20台停められそうなスペースがあります。

3月に行った時にはまだ寒かったせいもあってガラガラだったのですが、先日4月になって行った時には満車近くになっていました。

グラウンドゴルフに集まってきているのかなぁ、と思ったらさにあらず、広場はガラガラ。

よくよく見たら、びん沼川のほとりに多くの人が。

釣りの方々でした。

びん沼川は、富士見市のあたりでもちょっとしたスペースがあると車が停められ、川で釣りをされています。

ここでどれだけ釣れるかはわかりませんが、丁度この公園の駐車場もありますから、釣り人にとっても便利かもしれませんね。

より大きな地図で 小江戸かわごえみどころマップ を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川越運動公園の桜【下老袋】

桜と言えば入学式に卒業式、ということもあって、学校には桜の木が植えられています。

我が家の近所の仙波小学校にも、私が通っていた頃からある桜の木があって、今年もきれいにピンクの花を咲かせていました。

でも、ピークは、この前の土日(4月10日・11日)でしょうか。

今朝見たところ、花弁の淡いピンクから、萼の部分というのかやや濃い赤い色と葉の緑が見えるようになってきていました。

Nec_00211

そのピークの頃に、川越運動公園の桜も見てきました。

川越運動公園は、市制60年を記念して整備された公園で、今から10年前の2001年に完成しています。

敷地内には陸上競技場・総合体育館・テニスコート・自由広場にちょっとした遊具があります。

昨今では毎年1月の成人式が総合体育館で行われています。(私の頃は、市民会館で、出身地区によって午前・午後に分かれての開催でしたけど。)

自由広場は一面芝生で、誰でも自由に楽しむことができます。(最初の頃はサッカー禁止だったけど、今はよくなったのでしょうか。)

その北側の端には陸上短距離の練習コースがあり、その脇に桜が並んで植えられています。

何本かの桜の木の下では、シートを敷いて桜を観ながら、時には広場で遊んでいるグループがありました。

土手の桜だと観たり遊んだりゆっくりしたりというのがなかなかしづらいところですが、ここは誰もがのんびりできるのがよいところです。

より大きな地図で 小江戸かわごえみどころマップ を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見町ポケットパーク【富士見町】

前回の富士見町にある川越街道けやき並木からちょっと間が開いてしまいました。

その間の7月13日に、富士見町にある富士浅間神社の初山がありました。

今年は日曜日ということもあって、早い時間から大混雑でした。

参拝の行列が、境内を出て仙波小学校のほうにむかって数十mにもなっていました。

周辺の路上駐車の車、川越/所沢以外のナンバーがたくさんありました。

もともと川越に生まれ育って、結婚を機に他の街にいってしまったけど、初山なんでやってきた、という方々でしょうか。

周辺には駐車場が少ないので川越駅のあたりにとめたという方も多かったかと思います。

川越駅から、以前に紹介したプラタナスの並木のショートカット道を抜けると前回紹介した川越街道のけやき並木の中間あたりに合流し、そのあたりの歩道がさらに少し広がってちょっとした広場のようになっています。

1_2

ここが今回紹介する、富士見町ポケットパークです。

パークと言っても、川越運動公園や安比奈親水公園、近所の児童公園等々、いろいろな公園がありますが、ここは遊具もないし、本当に歩道が少し広いだけのようなところです。

2

ちょうど信号があって、この公園は南北に分断されていて、北側部分には川越街道けやき並木が川越市警官100選に選ばれたことを記念するモニュメントが設置されています。

大きな石の内側に金属の板がはめ込まれて鏡のようになっているのですが、市内在住の芸術家の方が作成したもので、何かしらの意味があったはずなのですが、今は思い出せないので割愛させて頂きます?!

道路との境目には、車の侵入を防ぐ、甕のような黒くて太いポールのガードレールが立っています。

川越駅前にあるマインの裏側出口付近にも同じようなデザインのガードレールがあります。

(あれをガードレールというのかは不明ですが・・・。)

3

このガードレールポールの一つに、子供の銅像が乗っかっていました。

こんなところがパークらしいところでもあるのですが、一見すれば広めの歩道ですから・・・。

気がついた方、いらっしゃいます??

今度通ったら、この像を見つけてみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧入間川に残る自然・江遠島緑地【古谷本郷】【古谷上】

また古谷のほうへ行ってきたので、そこで見つけたものを。

国道16号線上江橋のたもとに、川越グリーンパークという団地があります。

この団地の東側には入間川が流れ、また、南・西・北側をぐるっと取り囲むように小さな川が流れています。

近代になって治水のために河川が改修され、まっすぐな流れになっているところが多いですが、この川越グリーンパークを取り囲む流れが改修前の旧入間川です。

この川越グリーンパークと国道16号線の間あたりの旧入間川は、フェンスとかが張ってあって中に立ち入ることはできませんが、自然がそのままに残された緑地帯になっています。

1_2

この緑地帯の名称、江遠島緑地と言います。

島と名づけられているので、ちょうど川越グリーンパーク一帯が入間川と旧入間川に囲まれ、島/中州のようになっているからではないでしょうか。

この前の川越市議選で上位当選した新人議員さん(結構若いかたです。)が川越グリーンパークの出身で、地元ということもあってかこの江遠島緑地に遊歩道を整備したい、という提案をしていました。

それができると自然を感じられる市民の憩いの場がまた増えることになりますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

野鳥と人との共生の試み・菅間緑地【菅間】

川越市の北部に川越工業団地というのがあります。

有名なところだと、ナガイののり(海苔)の工場がありますし、川越市の東清掃センター・リサイクルセンターがあります。

この川越工業団地の西隣には住宅が点在してます。

昔からこのあたりで農業を営んでいる方々のお宅が主だと思います。

このあたりの農家の特徴として、家屋の周りを林が取り囲んでいます。

家屋を風や暑さ、寒さから守るためのもので、屋敷林と呼ばれ、川越に限らず武蔵野ではよく見られる風景だったようです。

1

この住宅の一角に公園がありました。

菅間緑地とありました。

2

もともと屋敷林だったところに堀もあり、それらを生かして公園にしたそうです。

3

園内には小高い丘があり、そこにはこげ茶色の塀があります。

4

この塀の向こうは堀と原っぱが整備され、野鳥やその他諸々の生物がここに住めるようになっており、人は立ち入れずに野鳥等のサンクチュアリになっています。

塀には鳥の絵とともにのぞき穴があいていて、住み着いている野鳥等生物の生態を観察することができるようになっています。

これから木々の緑も一層濃くなり、生物も活発に活動する季節ですので、ちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

もともとはお屋敷だったところなのでそんなに広くはないところですが、公園でのんびりしながら時々野鳥の様子を観察してのんびり過ごすのもたまにはよいかもしれません。

十数台止められる駐車場もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花と緑と水とスポーツの公園・安比奈親水公園【安比奈新田】

緑がきれいな季節になりました。

ゴールデンウィークのこの時期、遠出をしても混雑が大変なので、安比奈親水公園に行ってきました。

狭山市との境目付近から入間川に沿って整備された公園です。

1

入間川から水路を引き込み、その北側にはサッカーやテニスができる運動場があります。

この日は大学生??それとも社会人??のサッカーチームが試合をやっていました。(一番目の写真参照。)

2

また、下流にある八瀬大橋寄りの場所には、お花畑が広がっていました。(二番目の写真参照。)

花の名前はよくわからないのですが、ポピーでしょうか。

3

この花畑や芝生の広場の奥では、色とりどりのテントが張られていました。(三番目の写真参照。)

とても良い季節なので、バーベキューでしょう。

あちらこちらからいいにおいとともに楽しそうな声が聞こえてきていました。

広いスペースとともに水場もトイレも完備されているので、うってつけの場所です。

ただ、みんなが使う公園ですから、次の人のためにも、バーベキュー後のゴミや灰は持ち帰りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幅広い年齢層で利用できる南部地域公共広場【砂久保】

昨日所要で市の南のほうに行ってきました。

そこで見つけたのが南部地域公共広場です。

川越市で整備した無料スポーツ施設です。

野球だとA・Bの2面が取れる広さのグラウンドがあります。(一番目の写真参照。)

この日はサッカークラブの子供たちがサッカーの練習をしていました。

このグラウンドの南側には少しではありますが武蔵野の雑木林が残されており、その林の中には「ターゲットバードゴルフ」のコースが設置されていました。(二番目の写真参照。)

ターゲットバードゴルフは、川口市の野嶋孝重さんという方が考案したもので、ゴルフボールにバドミントンの羽根を付けたものを、ゴルフクラブで打ち、傘をひっくり返したようなホールにボールを入れるゲームだそうです。

ちょっと年配の方々がゲームに興じられておりました。

尚この広場、空いていれば自由に使えるのでしょうが、一応高階出張所に申込要みたいです。

1

2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙波河岸史跡公園【仙波町四丁目】

身近な見どころを紹介していくということで、まずは私の家の近所から。

小仙波に東照宮が建立されていますが、江戸時代初期に川越の大火でこの東照宮が焼失しました。

新河岸川の舟運は、焼失した東照宮を再建すべく、資材を運搬するために使われ、その後川越城主であった松平伊豆守信綱が新河岸を開設したことによって本格的化しました。

しかし、新河岸は川越の街から遠かったことから、明治初期に富士見町の愛宕神社下から流れる滝の水を利用して、仙波河岸が開設されました。

残念ながら仙波河岸は昭和初期に東上線の開通と河川改修によって役目を終えました。

仙波河岸より1つ下流の扇河岸は河岸の面影がほとんど失われていますが、仙波河岸はその一部は埋め立てられて住宅地とかになったものの、役目を終えた後に手つかずになっていたところがあり、そこを数年前に史跡公園として整備しました。

(私も幼少のころはここで春には母に連れられフキノトウとかを採りに来ました。)

公園内は遊歩道や木道が整備され、保全されている木や植物を眺めながらゆったりと過ごすことができるようになっています。

また、最近、崖の上の愛宕神社へ通じる歩道が復活し、そちらにも歩いていけるようになりました。

Dvc00018 Dvc00010m_1 Dvc00009m_2 Dvc00007m_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)