街興し・地域活性化

NHK連続テレビ小説「つばさ」発進!!

一昨日3月30日(月)から、NHKの連続テレビ小説「つばさ」が放送開始されました。

このドラマについては多くの方がご存じだと思いますが、我が街・川越を舞台に、老舗和菓子屋の後継ぎの娘が地元のコミュニティFM放送局の仕事を通して家族や街を幸せにしようと頑張る姿を映したものです。

朝ドラで埼玉県が舞台となるのはこれがはじめてだそうで、各地で様々なイベントが催されています。

川越を通る東武東上線では、「つばさ」のラッピングトレイン2編成が3月22日(日)に池袋駅で出発式が行われ、運行開始しました。

その出発式には、川越市長・埼玉県知事に加え、出演者の1人の松本明子さんも出席されたようです。

夜に見かけたものをケータイカメラで写したので、ブレブレなんですが。

1_3

2

東上線の数ある電車の中でわずか2編成ですから、見かけたらラッキーという感じですが、9月30日(水)までの運行とのことなので、まだまだ見かけるチャンスはあるかと思います。

そのコミュニティFM放送局、埼玉県内では、鴻巣市のフラワーラジオ、入間市のFMチャッピー、旧浦和市のレッズウェーブ、朝霞市のすまいるFMの4局しかなく、我が街川越はドラマの中ではあるものの実際にはありません。

技術的な理由もあって、コミュニティFM放送局を開設するのは大変なようです。

でも私、放送局ではないですが電波/無線関係の仕事をしていることもありまして、以前からコミュニティFM放送局を我が街川越に作りたいと思っており、その昔にはビジネスプランなんぞも作りかけたことがありました。(今でも作りたいと思ってます!!)

ドラマの中の仮想的な世界ではありますが、我が街川越を舞台としたドラマで自分が思っていたコミュニティFM放送局というのが設定されたというのは面白いですね。

ますます本当に開設してみたくなりました。

とはいえ、制度上一人でできるものでもないので・・・、どなたか一緒に実現に向けて検討しませんか??

| | コメント (8) | トラックバック (0)

川越の発展を支えた埼玉県初の火力発電所の跡地【三久保町】

1_3 

ケータイ(内蔵カメラ付)を持って、自転車で街中を走ってきました。

デジカメをいつも持って歩くのは何かおおごとな感じがしなくもないですが、カメラのついたケータイは、買い物やお散歩の途中で気になった景色とか建物とかの記録を残しておくにはとても便利です。

さて、今回回ってきたのは三久保町です。

川越城の南南西に位置する町で、もともとは武家屋敷のあった町のようです。

そんな町にコンクリートの大きな建物が二つどーんと建っています。

ひとつは今回紹介する写真の建物です。

この建物自体が見どころなわけではありませんが・・・。

この建物は、東京電力の川越支社です。

なんで武家屋敷のあった町に東京電力があるかというと、この地は明治37年に埼玉県で初めての石炭火力発電所が設けられた場所だからです。

最初は地元資本で設立されたのだと思いますが、電力事業はお国の政策もあり、このあたりでは東京電力に統合され、今に至る状況です。

ここに火力発電所が作られたことで、当時の川越町にはやはり埼玉県初で電灯が供給されたそうです。

新河岸川の舟運が盛んだったために、鉄道(東北線)の敷設案を退けてしまい、浦和・大宮に一歩譲ってしまった川越ですが、ここぞというところでは頑張っていました。

2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツによる街興し

川越の各町丁字の見どころを紹介していくのがこのBlogの目的ではありますが、まだ創めたばかりで慣れていないので、今日も脱線。

そういうわけで、昨日は大宮に行き、浦和に立ち寄り、志木を経由して川越に帰ってきました。

大宮駅東口に行くと、大宮アルディージャ応援の看板が建ち、街灯にも応援の旗がぶら下がっていました。

大宮アルディージャのホームタウンですものね。

浦和に行くと、大宮以上!!

看板、街灯の旗はもちろんのこと、街の多くのお店が浦和レッズの旗を飾っていました。

さすが、埼玉で最初にプロサッカーチームを誘致した街です。

Jリーグ発足時、当初浦和市はJFLの有力チームの本田技研にアプローチしていたそうですが、ホンダがプロ化を見送ったため、サッカー協会に紹介してもらった三菱を誘致したそうです。

埼玉のサッカー発祥の地だそうですし、高校サッカーの有力高もあるお土地柄ですから、ホンダに断られてもあきらめずにがんばって三菱を引っ張ってきたので、住民も全力をあげて応援しているのでしょう。

おぉ!!と思ったのが志木市です。

バスで浦和から志木に向かうと、志木市役所を過ぎたあたりから、昔からの商店街(新河岸川の舟運で栄えたのでしょう。)を通るのですが、ここでも街灯に大宮アルディージャの旗が掲げられていました。

大宮アルディージャの前身はNTT関東支社のサッカー部で、その練習グラウンドが志木市の荒川沿いにあったからです。

志木市にしてみると、本当は志木市がアルディージャのホームになってほしかったのでは??

結局は、スタジアムと集客できるかで大宮になってしまったのでしょうけど。

NTT関東サッカー部がアルディージャとしてプロ化するとき、実は我が街川越でも誘致活動をしていたって知っていますか??

少なくとも、青年会議所が、署名を集めていたりしました。

ただ私の記憶では、ほとんど大宮に決まっていたような時点になって誘致活動を始めたような感じなので、出遅れてしまった、というのもありますし、プロを誘致するとなるとそれなりのスタジアムも整備しなければいけませんが、古谷の川越運動公園の陸上競技場では収容能力、設備、どれをとっても役不足な感が否めません。

去年私は浦和レッズのサテライト(野球でいうところの二軍)の試合を熊谷の競技場に見に行きましたが、もともと国体を開催するために整備をしたというのもあって、川越運動公園よりはるかに広いエリアに、巨大なサッカーもできる陸上競技場あり、ラグビーの盛んな土地ですからラグビー場もあり、と、大変立派でした。

やっぱり誘致するとなると最低でもこのくらいないと、という気がしました。

今年は大宮アルディージャのサテライトの試合が川越運動公園で10月頃に開催されるようですが、サテライトみたいにあまりお客さんが集まらないイベントなら耐えうるかもしれませんけども。

川越運動公園に限らず川越の公共施設については思いがいろいろあるのですが、それはさておき。

志木市はアルディージャの本拠地を大宮にとられても今でも応援しています。

それに対して我が街川越は、川越駅前を見ても特段何もないですね。

誘致に失敗したから当たり前ではありますが、でも、一度はアルディージャを気に入って誘致しようとしたのですから、駄目だったから知らないではなく、もっと力強く応援してあげてもいいのではないでしょうか。

今Jリーグでは同じさいたま市に2つもチームがあるわけですから、将来もしかしたらベルディが川崎から東京へ本拠地を移したように、アルディージャもさいたま市から他に移るかもしれませんし、そんなことになった時のためにも。

そういうわけで、サテライトですが、10月に川越運動公園で大宮アルディージャの試合が行われます。

入場無料と聞いています。(浦和レッズだと子供無料、大人1,000円。)

その時はみんなで見に行きましょう!!

(と言いつつ、浦和レッズファンでした。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)