« 萱沼びん沼公園【萱沼】 | トップページ | 城主とともにやってきたお寺・光西寺【小仙波町五丁目】 »

八幡通り【脇田町・南通町・通町・新富町一丁目・新富町二丁目・松江町一丁目】

ちょっと前になります。

ゴールデンウィークの直前に、特に予定もなかったのですが、お休みが取れたので、雨の降る中、川越の街中をぶらぶらと散歩をしてきました。

一番じっくり歩いたのが丸広の裏通りである八幡通りです。

普段ここを通るとしても、自転車でさーっと通り過ぎてしまう程度ではあったのですが。

1  正確にはどこが起点かはよくわかりませんが、この日はアトランタビルの前からスタートです。

通りの入口には、ポケットパークがあります。

ここは、その昔には、駄菓子屋さんがあったのですが。

小さないすも置かれており、歩き疲れた時に、ちょっとした休憩ができます。

2 北に向かっていくと、最初に気になったのが、通りの右側にある「VANITOY BAGEL」です。

今、市内で評判のベーグル屋さんです。

本店は幸町にあって、そちらではカフェも併設してますが、ここはTAKE OUT専門です。

元々は、ダ・カーポというレコード屋さんがあった場所です。

3 さらに進んでいくと、毎度おなじみ、八幡通りの名前の由来にもなっている、川越八幡宮があります。

4月も下旬となっていたので、以前宮司様からお教え頂いた桜も既に散っておりましたが、新緑の葉が青々としてきれいでした。

これから、子ども相撲であったり、茅の輪くぐりなどの祭事が行われていきます。

4 川越八幡宮参道の前には、陸王商店というお店があります。

この日は、時間が早かったのか、それともお休みの日なのか、営業はしていませんでした。

昔からやっておられる古物商で、様々な古いものを売ってます。

5 さらに進むと、有名な「ひびき」があります。

東松山名物のやきとり(やきとりといいつつ、豚のかしら肉と辛味噌だれのやきとん)のお店です。

土日の夕方とかは、行列していることもあります。

6_2 そのお隣に、小さなお菓子のお店がオープンしてました。

「野里」というお店です。

焼き菓子の専門のようですね。

母の日に向けての陳列になっていましたが、おいしそうです。

7

そして、丸広の前にくると、黄色い建物が。

珈琲工房楽です。

ここも昔はレコード屋さんだったのですが。

喫茶店ではなく、世界から取り寄せたコーヒーの生豆をお客の好みに合わせて焙煎してくれる、コーヒー豆を売っているお店です。

8 丸広を過ぎると、マンションの一角に、島崎藤村ゆかりの地の碑があります。

島崎藤村の奥さんであった加藤静子という方の実家があった場所です。

9 本川越駅から東へ向かう東照宮中院通りを渡ると、鑑山酒造跡地の裏口前にあるのが関口人形店です。

埼玉で人形というと岩槻や鴻巣が有名ですが、川越にも数件あり、ここはその一つです。

丁度このころは、5月5日の子どもの日に向けて五月人形を取り扱っていました。

10 通りの終点にあるのが、木下製餡所です。

前に三久保町の製餡所を紹介しましたが、こちらでもあんこの製造直売をしてます。

さすが和菓子店の多い川越、和菓子に必要なあんこを作っている工場も多いです。

11 そして最後に通りの突き当たり、正面に大きなイチョウの木が2本見えます。

出世稲荷です。

2本のイチョウの木が参道を挟むようにたっています。

川越市内で最も大きな木だそうで、市の天然記念物にしていされています。

というところで、八幡通りの旅は終了。

他にもいろいろなお店等があったりしたのですが、また別途。

いつも何気なく通り過ぎてしまうところをゆっくりと見てみるのもよいものでした。

(この日はこれでまだお昼ぐらいだったので、雨のなかさらにぶらぶらと徘徊していたのでした。)

より大きな地図で 小江戸かわごえみどころマップ を表示

|

« 萱沼びん沼公園【萱沼】 | トップページ | 城主とともにやってきたお寺・光西寺【小仙波町五丁目】 »

」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

お店」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八幡通り【脇田町・南通町・通町・新富町一丁目・新富町二丁目・松江町一丁目】:

« 萱沼びん沼公園【萱沼】 | トップページ | 城主とともにやってきたお寺・光西寺【小仙波町五丁目】 »