« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

松並木の奥に佇む鴨田八幡神社【鴨田】

いつも川越運動公園へ行くと気になるところがあったので先日その帰りがけに車を止めて寄ってみました。先日といっても、2か月以上前の1月2日ですが・・・。

1_2

伊佐沼をぐるっと周るように道路が通っていますが、その東側に走っている道路、ここから東へ向けてつながる松の並木があります。

2_4

松の並木をくぐりぬけると、その先には立派な拝殿がありました。

これが旧・鴨田村の村社でもある鴨田八幡神社です。

1458年に、太田道灌が河越城の鬼門鎮護のために勧請したと言われている、歴史のある神社です。

この他境内には、冨士塚を始め、色々な境内社も祀られていました。

3

拝殿の裏には大きな屋根の下に小さな本殿が納められています。

18世紀後期・江戸時代の造営だそうです。

川越市内にある他の神社のこの頃のものは、物語性を持った彫刻がなされているのだそうですが、この本殿の彫刻は動植物等が主で、人物は無く、他とは違うようです。

より大きな地図で 小江戸かわごえみどころマップ を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »