« 足腰健康の神様・民部稲荷神社【南通町】 | トップページ | 路地裏のおしゃれなパン屋さん・善太郎【松江町一丁目】 »

NHK連続テレビ小説「つばさ」発進!!

一昨日3月30日(月)から、NHKの連続テレビ小説「つばさ」が放送開始されました。

このドラマについては多くの方がご存じだと思いますが、我が街・川越を舞台に、老舗和菓子屋の後継ぎの娘が地元のコミュニティFM放送局の仕事を通して家族や街を幸せにしようと頑張る姿を映したものです。

朝ドラで埼玉県が舞台となるのはこれがはじめてだそうで、各地で様々なイベントが催されています。

川越を通る東武東上線では、「つばさ」のラッピングトレイン2編成が3月22日(日)に池袋駅で出発式が行われ、運行開始しました。

その出発式には、川越市長・埼玉県知事に加え、出演者の1人の松本明子さんも出席されたようです。

夜に見かけたものをケータイカメラで写したので、ブレブレなんですが。

1_3

2

東上線の数ある電車の中でわずか2編成ですから、見かけたらラッキーという感じですが、9月30日(水)までの運行とのことなので、まだまだ見かけるチャンスはあるかと思います。

そのコミュニティFM放送局、埼玉県内では、鴻巣市のフラワーラジオ、入間市のFMチャッピー、旧浦和市のレッズウェーブ、朝霞市のすまいるFMの4局しかなく、我が街川越はドラマの中ではあるものの実際にはありません。

技術的な理由もあって、コミュニティFM放送局を開設するのは大変なようです。

でも私、放送局ではないですが電波/無線関係の仕事をしていることもありまして、以前からコミュニティFM放送局を我が街川越に作りたいと思っており、その昔にはビジネスプランなんぞも作りかけたことがありました。(今でも作りたいと思ってます!!)

ドラマの中の仮想的な世界ではありますが、我が街川越を舞台としたドラマで自分が思っていたコミュニティFM放送局というのが設定されたというのは面白いですね。

ますます本当に開設してみたくなりました。

とはいえ、制度上一人でできるものでもないので・・・、どなたか一緒に実現に向けて検討しませんか??

|

« 足腰健康の神様・民部稲荷神社【南通町】 | トップページ | 路地裏のおしゃれなパン屋さん・善太郎【松江町一丁目】 »

交通」カテゴリの記事

街興し・地域活性化」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ココログの記事を見て川越市のコミュニティ放送局(アイデア段階)に興味を持ちました。まず私的情報交換をしたいのですが、個人用メールアドレスの連絡をいただきたいです。私のアドレスは、ココログの管理画面から見えていると推察しますが。

下記URLで見ました。

http://co-edo.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/nhk-f18d.html

竹内(埼玉県ふじみ野市)

個人HPもありますので、よろしければどうぞ。

http://www.fujimino.tv/

投稿: 竹内 | 2009年4月 6日 (月) 09時01分

はじめまして。コミュニティーFM&川越で検索、コチラにヒットしました。私も川越に住み着いてまもなく半世紀になろうとしています。私も毎朝「つばさ」見てます。あのドタバタが≠川越と感じておりますが・・・。関東版吉本劇場のような?
ところで、ラジオの話ですが、私も10年近く前に考え、当時の郵政省に問い合わせたこともあります。その後あれこれ調べましたが、中々具体的に動けないまま時が経ってしまいました。友人にもFM経験者がいて、経営が大変と言っています。用意周到に準備する必要がありそうです。もしよろしければ情報交換いかがですか?

投稿: nan | 2009年4月17日 (金) 14時09分

 再度、こんにちは。私のブログの中で、コミュニティ放送の事についてある程度の記事を書きました。下記URLの中から「コミュニティ放送」のカテゴリーを選択していただきますと、関連記事が出てきます。

 http://blog.fujimino.tv/

 現実の放送ビジネスは相当厳しい筈ですが、誰か他にも挑戦する方が出現すれば、いくらかの可能性は有るかも?と思っております。まずは、行政や商工会議所あたりの関心度がポイントなのではないか?と思っております。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2009年5月 2日 (土) 05時47分

 私も、コミュニティーFM&川越で検索して、コチラをヒットしました。
 以前から個人で、電波法で許可されている微弱電波を用いて、ミニFM局「FM-762 | Radio Hikami」を開設しています。現在は、当時からの編集室?と編集機材を使い、新しい情報発信の流れであるウエブ・ラジオ(IR: Internet Radio)やウエブTVに情報を流しています。
 今年度、地域コミセンの委員に加わりましたので、私の設備群が「地域情報の発信基地」になれば良い!・・・と考え、再び整備を進めています。
 機材は、WebCamとデジカメ、自作のコンデンサ・マイクとマイク・アンプ。編集は、パソコンOS内の各種編集ソフトで、安価かつ簡便に番組?製作が出来ます。
 編集の品質は、下記のURLを参照ください。
http://homepage1.nifty.com/JH2HTQ/listcam/listcam.htm
(text end)

投稿: 面城生(おもしろ) | 2009年5月 6日 (水) 12時31分

はじめまして。
「コミュニティFM、川越」検索で、こちらにたどり着きました。
以前から、コミュニティFMに興味を持って、何かできないものかと、ヤキモキしていたところ、「つばさ」の内容に\(◎o◎)/!
イベントやコンサート企画の会社を立ち上げ、人手不足ついでに^^MCなどやっています。
みんなで力と知恵を出し合えば、何かできるかもしれませんよね。
是非、企画されるのであれば、ご一緒させていただきたく^^、宜しくお願い致します。ご連絡いただければ幸いです。

投稿: あみちゃん | 2009年5月18日 (月) 00時02分

 周波数の話なのですが、やはり関東総合通信局の管内では、85~90MHzあたりが「ガードバンド」として指定されているようです。これはVHFの1チャンネルに「NHK総合テレビ」(地上アナログ放送)が存在しており、これに妨害を与えないように考慮した結果だと思うのです。さずがにNHKに対して妨害が出ますと、シャレにならないでしょうから。

 周波数の需要が多い首都圏の方が利用可能なFM用の周波数が少ないという皮肉な結果になっていると思うのですが、やはり「2011年7月のアナログ停波」がチャンスになると思われます。当地において本気でコミュニティ放送の起業を考えている方は、その日に向けて準備を開始する事になると思います。

投稿: 竹内@ふじみ野.東上 | 2009年5月25日 (月) 05時16分

はじめまして、川越にコミュニティーFMが無く、FM茶笛の受診エリアに入っていないし。私もあればいいなと思って調べたことがあります。ただ経営は大変そうですね。
ちなみに開局に必要な無線技術士の資格が、第2級陸上無線技術士があればいいということなので、私は取得しておりますので。もしもお役に立てることがあれば、ご連絡ください。
ただ、アマチュア無線はやっていましたがプロのほうは単に資格をとっただけで、実務経験は無いのですが・・。、

投稿: 三ツ井 | 2009年6月27日 (土) 00時23分

『川越 地域 FM』を調べていてたどり着きました。
田頭と申します。
近く川越に音楽的なライブハウスやクラブイベント系のバーを始めようと思っていますが、地元のロックオヤジや高校生等が健全に楽しめる雰囲気、地域密着型の店を目指しています。
地域密着と言う中で有事の際の地域FM、川越を音楽で盛り上げたいと言う気持ちからの地方ラジオと言うことを考えていましてたどり着きました。
是非一度お話ししたいので、ご連絡いただければ嬉しいです。
だいぶ前のブログの日記のようですが、メール頂けたら幸いです。

田頭

投稿: 田頭 | 2010年7月 1日 (木) 17時39分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK連続テレビ小説「つばさ」発進!!:

« 足腰健康の神様・民部稲荷神社【南通町】 | トップページ | 路地裏のおしゃれなパン屋さん・善太郎【松江町一丁目】 »