« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

放火で焼失!!菅原神社【菅原町】

以前紹介した我が家の近所の神社の一つ、菅原神社が、2月3日(火)未明に放火され、拝殿が焼失してしまいました・・・。

3 1枚目の写真は在りし日の姿の菅原神社です。

6 そして、2枚目の写真が焼失後の写真です。

拝殿が全焼してしまっているとともに、裏の本殿までは見ませんでしたがおそらくダメージを受けていることでしょう。

そして、手前の水屋には屋根があったのですが、それもなくなり、拝殿両脇の大きな木にもすすがついています。

7_2 神社入り口にある看板によれば、焼失した拝殿は、後ろの本殿より古く、昭和とは言え戦中の昭和16年に改築されたものでした。

犯人は、派遣切りに遭い、住むところが無く、神社内に忍び込もうとしたところ、鍵がかかっていて入れなかったためにむしゃくしゃしてライターで火をつけたそうです。

近隣の方によると、火柱がかなり高くまであがったようです。

不幸中の幸いで、風があまりなかったので周りのお宅とか妙善寺には影響が及ばなかったみたいです。

実は私、毎日川越駅に向かうのにすぐ横あたりを通ります。

事件直後の当日7時半頃にも通っていたのですが、全く気がつかず、夜になってインターネットのニュースで知った次第でありました。(気がつくのが遅くてお恥ずかしい。)

こう言ってはなんですが派遣という道を選んだのは自分、でも確かにバッサリ切られてしまったのは世界経済が傾いてしまっている昨今ではありますが不幸と思いますよ。

だからと言って、みんなが大事にしてきた神社、しかも将来にわたって大事にしていけばそれこそ貴重な街の財産となるもので、派遣切りとは何の関わりのないものを、自分勝手に燃やしてしまうなんて・・・。

同情の余地もありません。

事件から1週間となる今日(2月9日)ですが、2番目の写真の通り、未だそのままの状態です。

復興させるにも、いくら商店の多い菅原町でも出費がかさんで大変でしょう。

(ここ数年で山車を新しく建造しているし、その山車蔵も昨年建てているし。)

菅原町も元は旧仙波村の一角。

仙波町・富士見町等旧仙波村を構成する字町で協力してはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »