雀ノ森氷川神社・お焚き上げ【新宿町一丁目】

本日ちょいと情報を得て、川越駅を降りたら真っ直ぐ帰らず、いつもの東口とは反対の西口に出て、新宿町一丁目にある雀ノ森氷川神社に行ってきました。

Nec_00261_2

昔の埼玉県立川越図書館の南側にあります。

小学生だった頃、地元のボーイスカウト(小学生はカブスカウト)に入っていたのですが、月末の隊集会でここの集会所を使わせて頂いておりました。この神社の横はよく通るのですが、境内の中に入るのは小学生の時以来の30年ぶりくらいです。

流石に集会所は(恐らく拝殿も)何年か前に建て替えられて新しい建物になっておりましたが。

Nec_00271_2

その目的は、「お焚き上げ」でありました。

??

行ったのは雀ノ森「氷川神社」、でもお焚き上げの看板に書いてあるのは雀ノ森「浅間神社」。

主たる社殿・拝殿が氷川神社で、よくある境内社が浅間神社なのでありましょう。

しかしすぐそばの富士見町に浅間神社があって、こちらには旧川越藩の領地と思われる地区の方々が奉納されたと思われる石碑等がありますので、川越周辺での富士講の主体はこちらかなと思っていたのですが。

富士見町の浅間神社のお祭り(7月13日の初山)に比べると少ないですが、出店もありました。

Nec_00281_2

雀ノ森氷川神社は、境内の東側から入り、境内の西側に社殿・拝殿があるのですが、その境内入口の鳥居の北側、境内の北東の角にちょっとした岩山があります。

これが富士山をあらわしているようです。

私が川越駅に着いたのが19時54分の東上線急行だったため、雀ノ森に到着したときには丁度神事がスタートしており、新宿町の各丁目の代表の方が富士講の白装束を身にまとい、この岩山に登り、祈祷をされておりました。

Nec_00191

その後、一旦山を降り、氷川神社社殿の横に仮に設置された浅間神社の前に座り、社殿に向かって祈祷。

Nec_00031

神社で祈祷をしたら、境内の真ん中に用意された薪の山の周りを取り囲み、これに火をつけ、「町内安全」等々書かれた紙を、「新宿町○丁目町内安全!!」というような掛け声とともにこの火の中に入れ、願掛けをされました。

子どもの頃からよく知っていた神社でありますが、こういった神事があったとは初めて知りました。

旧市街とはいっても外れの仙波小学区でもこういった神事がいくつもあるわけですから、川越市全体だと相当な数ありそうですね。

川越祭りのような巨大なお祭りではないにしても、それぞれのお祭りは地元に根付いているものでありますので、色々な人に知ってもらって、そして集まってもらえるようになると、旧市街だけでなく川越全体での盛り上がりにつながるような気もしますが。

そんな小さなお祭りでも、私が見る機会があったらここにアップしていきたいと思います。

より大きな地図で 小江戸かわごえみどころマップ を表示

| | コメント (3) | トラックバック (0)

長松院と子育て観音【脇田町】

脇田町というと、川越駅のような人の集まる場所であったり、クレアモールのような商店街を思い浮かべませんか?

私の小学校時代の同級生で当時脇田町に住んでいる子の家は酒屋や家具屋を営んでいたりしてましたし、小学校に脇田町出身の先生がいたのですがその先生の家は今はビルになっちゃいましたけど山仁ストアというスーパーでしたし。

でも、一歩裏へ入ると、古くからここにお住まいの方々のごく普通の住宅もあったりします。

川越東武ホテルの北側あたりの、新富町二丁目との境目あたりがそうです。

先日本川越駅から川越駅方面に戻ってくるのに、この裏道を通ってみました。

その中にとても広い土地に平屋の大きな建物を発見。

1

曹洞宗の、松平山長松院です。

こんなところにお寺があるとは知りませんでした。

このお寺、山号の「松平山」といい、お寺の名称の「長松院」(色々な方につけられていると思いますが、徳川幕府二代将軍秀忠公の養女も長松院というそうです。)といい、由緒正しいお寺なんでしょう。

脇田町の山車の人形が徳川家康なのも何か関係があるのでしょうか。

2結構すっきりとしたお寺で、敷地のほとんどが駐車場になっていますが、入口のすぐわきに、古い供養塔と比較的新しい六地蔵が安置されておりました。

この写真の向こう(長松院の道路を挟んで北側)をよく見ると、右から脇田町の自治会館の建物、脇田町の山車蔵(青いシャッター)、小さな社が見えます。

1_2 2_2

失礼ながらこの小さなお社に近寄ってみると、額には「子育観音」と書かれておりました。

川越の伝説の一つで、乳母観音というのがあります。

昔、川越城の家老の奥方が我が子と添い寝をしていたところ、子どもが(確か窒息して)死んでしまったそうです。

ご主人がお勤めから帰ってきてそれを知ったらどんなお咎めをうけるかわからない、そこで奥方は子どもが死んでしまったのを女中のせいにしたそうです。

お勤めから帰ってきたご主人はそれを知って激怒、女中を責め殺してしまったそうです。

無実の罪で殺された女中はご主人と奥方を恨み、この二人を祟り、奥方はこの祟りに耐えられず、ご主人に本当のことを話しました。

そこで、長松院に女中の霊を観音様として祀り、女中の祟りを鎮めたそうです。

お話はざくっとこんな感じですが、その観音様がここにある子育観音と思われます。


より大きな地図で 小江戸かわごえみどころマップ を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岸町を分ける東上線ガード【岸町一丁目】【岸町二丁目】

1ヶ月ほど前の雨の平日に八幡通りをぶらり旅していましたが、何故かその後南のほうへも足をのばし、新河岸~岸町をうろうろしておりました。

岸町は元々は岸村という名前で不老川沿いに位置しております。

岸町二丁目に川越街道が通っており、川越市内へ向かう最後の難関・烏頭坂の手前に古い建物や広い敷地のお宅が存在しておりますので、岸町二丁目が昔の中心と思われます。

このためか、岸町の中では二丁目だけが山車を保有しています。

というか、今の山車になる前は提灯とかにも「岸町」と書いていたのですが、噂なので本当のところは知りませんが、三丁目は小学校の学区が異なり(一丁目・二丁目は仙波小学校、三丁目は新宿小学校)、一丁目は二丁目との間に東武東上線があり、低いガードのために大きな山車をもってこれないから、二丁目だけで所有することになった、というお話があります。

その、岸町をわけている東武東上線のガードを見てきました。

全部で3つあります。

1_3 

これが、最も北側のガードです。

国道16号線から国道254号線東京方面への抜け道になっており、3つの中では最も交通量が多いところです。

ですが、橋脚間が狭く、車2台がすれ違えないため、交互通行のようになっています。

2

これが真ん中のガードです。

前述の北側のガードに比べると、さらに橋脚間が狭くなっていますが、住宅地の間の道路なのでそれほど交通量も無いので特に不便は感じません。

さらに南側のガードについては、写真を撮り忘れたのですが、橋脚間が狭くなるだけでなく、高さも北側2つに比べて低くなっており、RV車等背の高い車は通行注意です。

この3つのガード、ともに同じような構造になっていて、真ん中のガードにさらに近寄ってみると・・・、

3

雨の湿気で写真がぼけてしまっていますが、岸町一丁目側がレンガ積みの橋脚になっています。

東武東上線のレンガ積みの橋脚については、霞ヶ関駅手前の入間川の旧鉄橋橋脚が有名なようなのですね。

あと、川越駅と川越市駅の間、西武新宿線を越える鉄橋の橋脚がやはりレンガ積みになっていて、ここが大正時代の開通当時のものというのをどこかで見た気がします。

とすると、ここも恐らくその頃のものではないでしょうか。

最も北側のガード、ここは前述の通り抜け道になっていて交通量が多いので、通るたびに橋脚の幅を広げてほしいと思ったりしますが、そうすると橋脚を壊さざるを得なくなり、こういった歴史的価値を考えると、う~ん、と唸ってしまいます。

より大きな地図で 小江戸かわごえみどころマップ を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城主とともにやってきたお寺・光西寺【小仙波町五丁目】

喜多院の山門から南下していくと、仙波東照宮・中院と続き、第一中学校の手前にもう一つお寺が見えてきます。

1_2 光西寺というお寺です。

中院までは喜多院と出所を同じにする寺社ですが、光西寺は中院のお隣にあるものの、これらとは関係はありません。

元々は石見国浜田(島根県浜田市)で恵誓法師により開基されたお寺で、浜田藩の松井松平家の菩提寺になっていました。

5_2 松井松平家は、徳川家の親藩で、過去の功績が認められ、松平姓を名乗ることが許された家系です。

その松井松平家が、現在韓国と係争中の竹島を使って当時禁止されていた海外貿易をやっていたことが発覚し、外様であれば改易になっていたところを、親藩であったがゆえに、転封となり、陸奥・棚倉藩(福島県棚倉町)、そして川越に転封してkましたが、それとともに光西寺も移ってきました。

6_3 恐らくそれが縁で、川越市と棚倉町は姉妹都市となったのでしょう。

残念ながら川越に移ってきたのが幕末で、当初は南町(元町)の養寿院の門前にあった千手院を仮住まいとしていましたが、直後に明治維新となり、寺領をもらえず、大正末期に現在のこの地にお堂を建立したそうです。

境内には、その松井松平家の墓所があります。

2_2 お寺の東側には表門があります。

この門には様々な彫り物がなされています。

門の内側上部では、金剛力士が屋根を支えています。

3_2門の左右には、

初平が道士に会い神通力を得て仙人になり、羊を岩に変えて45年後に蘇生させるという、「黄初平」と、

4_2

漁師と樵とが互いにその天分とする境遇について問答する「漁樵問答図」です。

これらは、光西寺が所有している掛け軸を彫刻にしたものだそうです。

藩主が代わると家来だけでなく、お寺も代わるんですね。

こういったお寺を、士族寺とかお伴寺というそうです。

境内には、大きな枝垂れ桜の木がたっており、季節には美しく咲き誇っています。

中院の枝垂れ桜は有名で、多くの人で混雑しますが、ここは結構静かですよ。

より大きな地図で 小江戸かわごえみどころマップ を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八幡通り【脇田町・南通町・通町・新富町一丁目・新富町二丁目・松江町一丁目】

ちょっと前になります。

ゴールデンウィークの直前に、特に予定もなかったのですが、お休みが取れたので、雨の降る中、川越の街中をぶらぶらと散歩をしてきました。

一番じっくり歩いたのが丸広の裏通りである八幡通りです。

普段ここを通るとしても、自転車でさーっと通り過ぎてしまう程度ではあったのですが。

1  正確にはどこが起点かはよくわかりませんが、この日はアトランタビルの前からスタートです。

通りの入口には、ポケットパークがあります。

ここは、その昔には、駄菓子屋さんがあったのですが。

小さないすも置かれており、歩き疲れた時に、ちょっとした休憩ができます。

2 北に向かっていくと、最初に気になったのが、通りの右側にある「VANITOY BAGEL」です。

今、市内で評判のベーグル屋さんです。

本店は幸町にあって、そちらではカフェも併設してますが、ここはTAKE OUT専門です。

元々は、ダ・カーポというレコード屋さんがあった場所です。

3 さらに進んでいくと、毎度おなじみ、八幡通りの名前の由来にもなっている、川越八幡宮があります。

4月も下旬となっていたので、以前宮司様からお教え頂いた桜も既に散っておりましたが、新緑の葉が青々としてきれいでした。

これから、子ども相撲であったり、茅の輪くぐりなどの祭事が行われていきます。

4 川越八幡宮参道の前には、陸王商店というお店があります。

この日は、時間が早かったのか、それともお休みの日なのか、営業はしていませんでした。

昔からやっておられる古物商で、様々な古いものを売ってます。

5 さらに進むと、有名な「ひびき」があります。

東松山名物のやきとり(やきとりといいつつ、豚のかしら肉と辛味噌だれのやきとん)のお店です。

土日の夕方とかは、行列していることもあります。

6_2 そのお隣に、小さなお菓子のお店がオープンしてました。

「野里」というお店です。

焼き菓子の専門のようですね。

母の日に向けての陳列になっていましたが、おいしそうです。

7

そして、丸広の前にくると、黄色い建物が。

珈琲工房楽です。

ここも昔はレコード屋さんだったのですが。

喫茶店ではなく、世界から取り寄せたコーヒーの生豆をお客の好みに合わせて焙煎してくれる、コーヒー豆を売っているお店です。

8 丸広を過ぎると、マンションの一角に、島崎藤村ゆかりの地の碑があります。

島崎藤村の奥さんであった加藤静子という方の実家があった場所です。

9 本川越駅から東へ向かう東照宮中院通りを渡ると、鑑山酒造跡地の裏口前にあるのが関口人形店です。

埼玉で人形というと岩槻や鴻巣が有名ですが、川越にも数件あり、ここはその一つです。

丁度このころは、5月5日の子どもの日に向けて五月人形を取り扱っていました。

10 通りの終点にあるのが、木下製餡所です。

前に三久保町の製餡所を紹介しましたが、こちらでもあんこの製造直売をしてます。

さすが和菓子店の多い川越、和菓子に必要なあんこを作っている工場も多いです。

11 そして最後に通りの突き当たり、正面に大きなイチョウの木が2本見えます。

出世稲荷です。

2本のイチョウの木が参道を挟むようにたっています。

川越市内で最も大きな木だそうで、市の天然記念物にしていされています。

というところで、八幡通りの旅は終了。

他にもいろいろなお店等があったりしたのですが、また別途。

いつも何気なく通り過ぎてしまうところをゆっくりと見てみるのもよいものでした。

(この日はこれでまだお昼ぐらいだったので、雨のなかさらにぶらぶらと徘徊していたのでした。)

より大きな地図で 小江戸かわごえみどころマップ を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萱沼びん沼公園【萱沼】

川越市東部から富士見市にかけて、びん沼川という川が流れています。

元の荒川で、かつての河川改修で荒川は現在の流れとなり、蛇行した旧河川がびん沼川になったと思われます。

流れていると書きはしたものの、上流からの水は現在の荒川のほうに流れていますので、ここは名前のように沼みたいな感じになっています。

このびん沼川周辺は自然がたっぷり残っており、富士見市にはびん沼自然公園という、遊具とかもなく、びん沼の自然を楽しむための広大な公園として整備されているとともに、富士山の見える場所として「関東の富士見百景」にも選ばれています。

そのびん沼川の上流域・川越市域にも公園が整備されていました。

治水橋方面から帰ってくる時によく通る裏道沿いだったのですが、これまで気がつきませんでした・・・。

川越市のホームページによると、5年前の2005年(平成17年)には整備されていたようですね。

1_2 萱沼にあるびん沼川沿いの公園なので、その名もズバリ、「萱沼びん沼公園」です。

大雨の時にはびん沼川からあふれた水を調整する機能も担っているようです。

2_2 遊具等は一切ありません。

川沿いにちょっとしたウッドデッキの歩道と、奥に全体を見渡せる小さな山(上にベンチがあります、)、それと2~3月に張り替えたばかりでまだ入れませんが芝生の広場があります。

3月に来た時にはまだ枯れ草ばかりでしたが、4月になり、暖かくなって、草が青く生えてきていました。

3_2 東のほうに目をやると、広場の真ん中に小屋がありました。

この公園、主にグラウンドゴルフのための場所にされているようで、グラウンドゴルフを楽しむ方のための道具置き場兼休憩場所のようです。

ただ、グラウンドゴルフもいつもやっているわけではないので、空いているときにはサッカー(ボール蹴り)や野球(キャッチボール)とかはできそうです。

ゴルフ・ラジコンといった他の人に危険を及ぼす可能性のあるものは禁止だそうですが。

駐車場も、20台停められそうなスペースがあります。

3月に行った時にはまだ寒かったせいもあってガラガラだったのですが、先日4月になって行った時には満車近くになっていました。

グラウンドゴルフに集まってきているのかなぁ、と思ったらさにあらず、広場はガラガラ。

よくよく見たら、びん沼川のほとりに多くの人が。

釣りの方々でした。

びん沼川は、富士見市のあたりでもちょっとしたスペースがあると車が停められ、川で釣りをされています。

ここでどれだけ釣れるかはわかりませんが、丁度この公園の駐車場もありますから、釣り人にとっても便利かもしれませんね。

より大きな地図で 小江戸かわごえみどころマップ を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川越運動公園の桜【下老袋】

桜と言えば入学式に卒業式、ということもあって、学校には桜の木が植えられています。

我が家の近所の仙波小学校にも、私が通っていた頃からある桜の木があって、今年もきれいにピンクの花を咲かせていました。

でも、ピークは、この前の土日(4月10日・11日)でしょうか。

今朝見たところ、花弁の淡いピンクから、萼の部分というのかやや濃い赤い色と葉の緑が見えるようになってきていました。

Nec_00211

そのピークの頃に、川越運動公園の桜も見てきました。

川越運動公園は、市制60年を記念して整備された公園で、今から10年前の2001年に完成しています。

敷地内には陸上競技場・総合体育館・テニスコート・自由広場にちょっとした遊具があります。

昨今では毎年1月の成人式が総合体育館で行われています。(私の頃は、市民会館で、出身地区によって午前・午後に分かれての開催でしたけど。)

自由広場は一面芝生で、誰でも自由に楽しむことができます。(最初の頃はサッカー禁止だったけど、今はよくなったのでしょうか。)

その北側の端には陸上短距離の練習コースがあり、その脇に桜が並んで植えられています。

何本かの桜の木の下では、シートを敷いて桜を観ながら、時には広場で遊んでいるグループがありました。

土手の桜だと観たり遊んだりゆっくりしたりというのがなかなかしづらいところですが、ここは誰もがのんびりできるのがよいところです。

より大きな地図で 小江戸かわごえみどころマップ を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜と菜の花がきれいな新河岸川の土手【大仙波】

4月10日(土)は桜づくしでした。

この時期ならではですが。

先日テレビで言っていたところでは、桜を土手に植えておけば春には人々が桜を見にやってくることで土手が踏み固められて丈夫になるためだからとか。

新河岸川も上流から下流に至るまで、あらゆるところで土手に桜が植えられています。

市内で最も有名なところだと、川越氷川神社裏・川越北公民館の前の土手でしょうか。

桜の木には提灯も吊り下げられ、川には船が浮かべられ。

他にも、国道16号・仙波大橋の北側あたりでは、新河岸川の両岸に桜がずらーっと並んで植えられていますので、それもまた美しいことでしょう。

Nec_00271 私がよくいくのはここ、恐らく何年か前にもアップした場所です。

大仙波・岸町一丁目・仙波四丁目の境で、新河岸川上流水循環センター付近の、新河岸川の菜の花とセンターの桜です。

ケータイのカメラではなかなかうまく撮れないのですが、のピンクと菜の花の黄色がとても鮮やかです。

私以外にも写真を撮っている人が何人かいて、このあたりを歩いてました。

Nec_00361

新河岸川上流水循環センターの南隣りには滝の下公園という児童公園があります。

やや広くて、大仙波にあるのですが川向うの岸町一丁目が町内運動会をここでやったりするくらいの公園です。とはいえたいした公園ではありませんが。

でも、この公園にもセンターに連なって桜が植えられていますので、晴れた日にはここでシートを広げてちょっとしたお花見なんていうのもよいかもしれません。

普段はそんなに人がおらず、いても子どもたちが遊んでいるだけなのですが、この日は桜を見に来てなのか、子どもたちだけでなく親たちもたくさんきていました。

より大きな地図で 小江戸かわごえみどころマップ を表示

| | コメント (3) | トラックバック (0)

桜のトンネル【伊佐沼】

Photo 今週は、川越東部をうろうろしていました。

たまたま伊佐沼の周りを通りました。

伊佐沼西岸の道路には道の両側に桜が植えられています。

この写真は横から撮ったためにわかりづらいですが、この道を通ると、桜のトンネルを走っているような感じになります。

より大きな地図で 小江戸かわごえみどころマップ を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松並木の奥に佇む鴨田八幡神社【鴨田】

いつも川越運動公園へ行くと気になるところがあったので先日その帰りがけに車を止めて寄ってみました。先日といっても、2か月以上前の1月2日ですが・・・。

1_2

伊佐沼をぐるっと周るように道路が通っていますが、その東側に走っている道路、ここから東へ向けてつながる松の並木があります。

2_4

松の並木をくぐりぬけると、その先には立派な拝殿がありました。

これが旧・鴨田村の村社でもある鴨田八幡神社です。

1458年に、太田道灌が河越城の鬼門鎮護のために勧請したと言われている、歴史のある神社です。

この他境内には、冨士塚を始め、色々な境内社も祀られていました。

3

拝殿の裏には大きな屋根の下に小さな本殿が納められています。

18世紀後期・江戸時代の造営だそうです。

川越市内にある他の神社のこの頃のものは、物語性を持った彫刻がなされているのだそうですが、この本殿の彫刻は動植物等が主で、人物は無く、他とは違うようです。

より大きな地図で 小江戸かわごえみどころマップ を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2010年元旦の川越八幡宮【南通町】